敢えて動かない勇気

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
いちろうです。

先日の大勝利から数日が経過しました。

大勝利記事

みなさんこんにちは。 いちろうです。 9月も3分の2が経過しようとしており、夏もすっかりと終わりを告げ、秋真っ盛りといったこの頃。

それからのトレードで、特別大きな利益を得るようなことは今のところありません

その反面大きな損失もなくなったため、少し前までの低迷期とは異なり、現在の収支は安定していると言えます。

なぜこれほどまでに収支状況が変わるのか、それは我慢できている点にあると私は思っています。

スポンサーリンク

FXトレードをしていく中で我慢を強いられるケースはしばしば訪れます。

例えば新規エントリーする際。

チャートの動きをリアルタイムで追っているとついついエントリーしたくなりませんか?

私はなります

自分の都合のいいように解釈してエントリーする理由を作り出してしまいます。

半ば願望のこもったチャート分析によって取ったポジションで安定した成績を残せるはずもありません

利確や損切をする際も同様です。

本来、決済や損切のラインはエントリー時に定めておくものです。

逆に言うと、この2つのラインが見えないような状態でエントリーすべきではないということです。

明確な理由付けができる状態であって初めてエントリーするべきだと思います。

そんな理由付けしたラインであっても、意に反した値動きを目の当たりにすると心が揺らぎ、早めの決済をしてしまったりということはありませんか?

私はあります

もちろん、その早めの判断が功を奏することはありますし、そうでない場合もあります。

ですが、それは結果論であって、長い目で見たときに自分の定めたルールに従っていない場合には往々にしてしっぺ返しをくらうものです

場当たり的な状況判断をしていると、私のようにジグザグしてしまう恐れは大いにあります。

FXで利益を上げるためには、ただチャートを眺めているだけでは何の成果も得られません。

トレードを繰り返し行う必要があります。

ですが、だからといってやみくもにトレード回数を重ねればいいわけではありません

時には動きたい衝動をグッとこらえ、敢えて動かない勇気が必要なのです。

耳が痛い・・・

スポンサーリンク
ブログランキング

ランキングに登録しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする