いい塩梅の漬かり具合

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
いちろうです。

まず最初に、タイトルを見て誤解された方にお詫び申し上げたいと思います。

今回は漬物についての記事ではありません 寒・・・

重ね重ねお詫び申し上げます。

ブラウザを閉じずに最後まで読んでいただければ幸いです。

茶番はこれくらいにして本題に移りたいと思います。

漬物でないならば何がいい塩梅に漬かってきたのか。

スポンサーリンク

それは・・・

私が保有しているポジション

昼間の記事でお話した塩漬けになっているポジションです。

昼間の記事 ⇒ 果たしてこれでいいのか

神への祈りが通じたのか、あれから順調にチャートが上昇しています。

長期足でのアップトレンドが功を奏したといったところでしょうか。

読み通りと言えば読み通りですが、お礼を言っておきたいと思います。

神様ありがとう

2ロットでの勝負を打った矢先の出来事だったので本当に助かりました。

借金までして増強した運用資金を一瞬で溶かしてしまうところでした。

ちなみに、ポジションはまだ決済しておらず保有したまま。

もう少し様子を見るつもりですが、ここから再度下落してきたとしても先程のように深い所まで粘るつもりはありません

今回は損失を甘んじて受け入れます。

偉そうに言ってますが当たり前の事です・・・

せっかくもらったチャンスなので、これを無駄にしてはいけません。

今度こそ慎重に、そしてルールを破らない。

ギャンブルトレードしている余裕なんて私にはないのです。

現在は113.05ストップを入れています。

前回説明していませんでしたが、ストップとは逆指値のことで、いわゆる損切を行う値を設定しておくことを指します。

仮に、これからチャートが下落したとして、ストップに設定した値に達した場合、自動的に決済がなされるというものです。

新規でポジションを持つ際には、あらかじめどこにストップを設けるかを決めておかなければなりません。

逆に言うと、損切ラインが見えないような展開では相場が読めていないということなので、そもそもトレードすべきタイミングではありません。

どこにゴールを置くか、どこで身を引くかをイメージできることがトレードを行う上で重要だと思っています。

おそらく、どこでも言われているような一般的な考え方です。

私が行っても説得力がないのは重々承知しています

しっかりと自分に言い聞かせて今後のトレードに臨みたいと思います。

スポンサーリンク
ブログランキング

ランキングに登録しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする