負のスパイラル

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
いちろうです。

今週に入り大きな損失を出してからと言うものFXの収支が振るわなくなっています

月曜日に18,000円、火曜日に12,000円、そして昨日水曜日も7,000円の損失を出してしまい、こつこつと積み上げた利益がみるみる内に溶けてしまっている。

投資の世界では、このような現象が多く見られ「コツコツドカン」などと呼ばれますが、勝てない人が陥る典型的な負け方としてよく用いられます

勝ちトレードでは、せっかくの含み益が目減りするのを恐れるがために、更に利を伸ばせる状況にも関わらず早めに決済をしてしまう。

片や負けトレードでは、損をしたくないという思いから損切ができず、いざ決済しなければならない時点では損失が大きく膨らんでいてしまっている。

こうした思いの元にトレードを繰り返し、本来心掛けなければならない「損小利大」とは逆行した「利小損大」の立ち回りを行ってしまうわけです。

スポンサーリンク

結果だけを見ると今の私も「コツコツドカン」に該当するのでしょうが、トレードの中身を見れば大きく異なったものになっています

とにかく利確(利益確定)できない

大筋の読みはそれなりに当たっているのですが、現実的な利確ラインに達しているにもかかわらず更に上を見てしまう。

ちなみに、昨日のトレードでも一時的に40pips近くの含み益がありました。

でも結果は-7,000円、30pips以上の損失です。

ここ2日で30,000円負けた ⇒ 早く取り戻さなければ ⇒ 5,000円ほど含み益が出た ⇒ 負け分を取り戻すため粘る ⇒ 結局反発して損切 ⇒ 5,000円ほど含み益が出た ⇒ さっきの分を取り戻すため粘る ⇒ 反発して損切 以下ループ・・・

正に負のスパイラル

こうして文字に起こすと単純に解決できそうな問題にも感じます。

いざトレードしていると、こんな簡単なこともできなくなってしまうんですよね・・・

トレードに希望や願望など、心情を含めてしまうといい結果は出ません。

もう何度も言っていることですが「機械的にトレードを行う」、再度徹底しなければなりません。

実は今もポジションを持っています。

米ドル/円110.305のロング

20pipsの含み益がある状態ですが、まだ保有しています。

111円辺りをにゴールと広めに考えていますが、結局これも欲をかいた目標設定になっています。

この負のスパイラルを抜け出せるかどうかは自分次第です。

スポンサーリンク
ブログランキング

ランキングに登録しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする