画面を眺めながらニヤニヤが止まらない30半ばのおっさん

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
いちろうです。

どこのブログにも備えているであろうコメント機能

管理人と見に来てくださるみなさんとで、コミュニケーションを交わすためのツールです。

コメントを通じて、時にふがいない言動に叱咤され、時に投稿に対してのポジティブな発言に励まされる。

また、心無い一言に傷つけられることもあるでしょう。

いずれにしてもコメントがつくということは、読み手がその記事に興味を持ったということ

コメントする側からすれば何気なく気軽に書き込んだものも、ブログを書いている者からすると大きな励みになります

やはり、自分の記事に対してリアクションがあるということは嬉しいものです

スポンサーリンク

こんなことを突然言い出したのは何故かというと、先日このブログにもコメントが付いたからです。

しかも、とても肯定的なコメント

それに気づいたとき、嬉しさのあまり小躍りしてしまいました。

ごめんなさい、小躍りは嘘です。

画面を眺めながらニヤニヤしていました

このブログにも、いつかコメントが付く日がくるだろうとは思っていましたが、まさか、こんなにも温かいコメントをいただけるとは。

あるとすれば罵倒や批判だと思っていました 

良い意味で予想を裏切ってくれて喜びも倍増です。

こうしてコメントをいただくと、このブログを見てくれている人が本当にいるんだなという実感が湧いてきます

もちろん、アクセス解析を見れば1日に多くの人がこのブログに足を運んでくれているのは分かります。

ただ、目に見えているのは数字の上下だけなので、その実感というのは中々湧かないものではないでしょうか。

投稿した記事にコメントがもらえる、それに対して返信をするという一連の流れが、SNSというネットワークを通じた人と人との繋がりみたいなものが感じられたような気がしました。

少し大げさでしょうか・・・

これまでは、あくまでブログは広告収入を得るための手段として考えてきました。

もちろん今も稼ぎたいですよ

その思いに変わりはないですが、ブログ運営の新たな楽しみが見つかった気がします。

スポンサーリンク
ブログランキング

ランキングに登録しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする