寝ない息子と寝たい私

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
いちろうです。

休日になれば、家でゆっくりと昼寝でもしたい年頃になってきました。

仕事中は感じない昼間の眠気も、気が張っていないこともあってか休日にはとても眠たくなります。

加齢によるものなんですかね・・・

10代とか20代前半の時には考えられない発想です。

若いときにはそれだけ体力があったということなんでしょう。

スポンサーリンク

若いと言えば我が息子。

生後半年弱というピチピチっぷりです。

彼はとにかく寝ません。

日中はほとんど起きています。

寝ても30分くらいでしょうか。

体力が有り余っているのでしょうか。

1日中寝転がっているわけですから体力の消耗もないんでしょうが。

起きてからしばらくすると眠たそうにしていることはあります。

ただ、そんな時に抱っこして寝かしつけたとしても、5分もせず目を覚ます始末。

眠たくないのかと思いきや、しばらくすると眠気のためか泣きじゃくるわけです。

赤ちゃんてもっと寝るもんじゃないの?

私の勝手なイメージですが、赤ちゃんは基本的にずっと寝ているもんだと思っていました。

実際は真逆でほとんど起きています。

眠いのに寝ないと言った方が正しいのかもしれません。

そのため、時間を追う毎に彼の機嫌は悪くなっていく一方。

そんな息子を相手しなければならないので、当然私も嫁も昼寝などできず。

眠いなら寝ればいいじゃないか・・・

もう少しまとまって眠ってくれれば、私たちも一眠りできるんですけどね・・・

そんな孝行息子になってくれることを夢見ながら、今日も抱っこを続ける一日になりそうです。

スポンサーリンク
ブログランキング

ランキングに登録しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする