優柔不断故に頭を悩ませる毎日

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
いちろうです。

ついにこのタイミングがやってきました。

何がやってきたかというと、

ロットの切り上げ

これまで行ってきた2ロットでの取引を、3ロットに切り上げられるまでに運用資金を増やすことができました。

切り上げを行うと、当たり前ですが収支が1.5倍になります。

今月は現時点で200pips取っているので収支は+40,000円、ロットを切り上げてこのペースを保てれば収支は+60,000円となり、成績は同じにも拘らず収支が20,000円も上乗せされるわけです。

スポンサーリンク

これだけ見ればロットを切り上げない理由は無いですが、メリットばかりではないのが現実。

仮に現時点で引き上げを行うとすればユーロ/円は資金的に難しく、前回と同様米ドル/円のみ切り上げるということになります。

前回のロット切り上げ記事

みなさんこんにちは。いちろうです。以前の投稿で、FXの取引ロット数を引き上げられる状況になったことをお話ししました。

しかも、今の私のように取引可能額ギリギリのタイミングで切り上げを行うと、その直後のトレードでマイナスになってしまえば元のロットに逆戻り。

3ロットで失った損失を2ロットで取り返そうとすると当然1.5倍の成績を残さなければならないわけで、そう考えると、ある程度損失を被っても同じロットで勝負できる余裕ができた段階で切り上げを行うべきとも言えます

それに、今切り上げするとなれば米ドル/円だけという形になるので、必然的にユーロ/円での勝負ができなくなるため、エントリーのチャンスがこれまでより少なくなってしまうというデメリットもあります

とはいえ、これまでの返済状況を考えると収入ペースを加速させる必要があるのも事実です。

なんせ全く元本減ってないですからね・・・

そうは言いながら、切り上げにはリスクを伴うため頭を悩ませています。

切り上げを行うとすれば来週からスタートするつもりです。

今週の収支状況によって判断したいと思います。

スポンサーリンク
ブログランキング

ランキングに登録しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする