FXとパチスロの共通点

Pocket

みなさんこんにちは。
いちろうです。

先日投稿した記事で、過去パチスロにのめり込んでいたことをお伝えしたと思います。

先日の記事 ⇒ パチスロ

今はFXで収支をあげようと模索しているわけですが、FXとパチスロには通ずる部分が多いような気がしています。

 

「ギャンブルと投資を一緒にするな」
「そんな考えだからFXで収支をあげられないんだろう」

 

なんて思われそうですが、FXとパチスロのどちらにも触れたことのある方は、案外同じことを感じているのではないかなと思っています。

今回は、私の感じるFXとパチスロの共通点についてお話ししたいと思います。

 
パチスロで勝つ秘訣は、一言でいうと根拠のある立ち回りをするということです。

店選び、台選び、止め時、全てにおいて根拠をもたなければいけません。
パチスロに興味のない方もいらっしゃるでしょうからマニアックな説明は割愛します。

 

昨日の記事でも触れましたが、店舗が客に対して還元する気がなければ、長期的な収支は安定しないです。
やる気のないお店に行っても基本勝てないのです。
また、やる気のあるお店に行ったとしても、良い台を打つ必要があります。
パチスロには設定という概念があり、店舗側が設定値を変更することで、顧客が勝ちやすい台、負けやすい台を決めることが出来るようになっています。
勝とうと思うと、店舗がよい設定にしている台を打つ必要がありが、当然、他の打ち手も同じことを考えているわけなので、なかなかそういう台にはありつけません。
そうした場合はチャンスが来るまで待ちます

適当に選んだ台では勝てないので、店内をうろうろしながら、良い台が空くのをひたすら待ちます。
もちろんギャンブルなので、悪い台であっても、運が良ければ勝ったりもしますが、それを期待していては長期的にプラスにはなりません。

 

FXでのトレードも同じことが言えるのではないでしょうか。

 

なんの根拠もなく、直感でポジションを持ったとしても結果はついてこないですよね。
もちろん、たまたま良い結果が出ることはありますが、長期的な収支でみると必ずマイナスになるはずです。

現に私も以前はそうでしたから・・・

必要な知識を得た上で、自分なりのルールを設け、そのルールに則って、適切なタイミングでトレードを行う。

根拠のあるトレードを行わないと結果は伴わないと思います。
FXで借金を作った私が言っても説得力など皆無ですね。




ランキングに参加しています。
クリックしていただければ幸いです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です