度重なる課金によって膨らんだクレジットの支払が襲い掛かる

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
いちろうです。

覚悟はしていました。

ただ、想定していた以上の事態に直面してビビッています。

今月のクレジットカードの支払です。

先月使いすぎていたことは自覚していましたが、こんなに多くなっていたのは想定外。

いくら請求が来たのかと言うと

スポンサーリンク

占めて40,000円

使いすぎでしょ・・・

しかもその大半がスマホアプリの課金という残念な使い方。

そんな余裕が私のどこにあるというのか。

自分でも自分が信じられません。

今週末に迫った借金の返済も後に控えています。

月々の返済20,000円、そして今回のクレジットの支払40,000円。

占めて60,000円

・・・

キツイ・・・

全て自分でやったことなので誰にも文句は言えないんですけどね。

今月も返済資金は用意できていないので、新規借入をして借金返済とクレジットの支払いに充てるつもりです。

もはや毎月恒例のことになってきて、それに慣れてしまっている自分が怖いですね。

今回60,000円借入すれば、借金総額は80万円を超える計算になります。

開設当初60万円だった借金、それがわずか5か月で20万円も増えてしまいました

当初の予定では、返済資金が捻出できなかった場合に限り借入をするつもりだったので、現時点でも最大10万円の増加で収まる算段でした。

単純に考えて倍のペースで借金が増えていることになります。

このペースだと、借入限度額の100万円までには後5か月、つまり今年度中には届いてしまう計算です

そこまでに金策が軌道に乗り、毎月の返済を滞りなく行える体制を構築しなければなりません。

ただ、そんな短期間のうちにできることではないのも事実。

一先ず支出を減らすことを優先して行うべきです。

すぐにでも減らせそうな支出といえば、

課金

これに尽きます。

できるだろうか・・・

いや、やらなければなりません。

少なくとも返済が軌道に乗るまでは課金しない。

タバコも止められればいいんでしょうが、そこは次の手段として考えることにしたいです。

こういう甘さが軌道に乗らない原因なんでしょうね・・・

スポンサーリンク
ブログランキング

ランキングに登録しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする