子供を育てるということ

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
いちろうです。

私には息子がいます。

今年の5月に生まれたので、もう2か月ほどが経過しました。

時が過ぎるのは早いものですね。

おっさんになればなるほど時間の流れは加速度的に早くなってきている気がします。

子供の頃は1年という歳月がとても長く感じていましたが、今では、油断していると1年などあっという間に過ぎてしまうから怖いです。

それだけに、限りある時間を有効に活用しないといけませんね

話を戻しますが、生後2か月の我が息子。

赤ん坊の成長は驚くほど早く、体格は既に生まれた時の2倍以上にまでなっています。

スポンサーリンク

私も、イクメンとまではいかないまでもそれなりに息子のお世話をしているのですが、改めて子育ての大変さというものを実感しています。

抱っこのしすぎで肩はガチガチですし、手首はもはや腱鞘炎寸前です。

当然言葉を喋られるわけもないので、何かを訴えたければひたすら泣くだけ。

こちらとしては何をしてほしいのかサッパリです。

最近分かってきた息子が泣く理由としては

・お腹が減っている

・眠たい

・抱っこしてほしい

・暑い

大体このあたりのようです。

上記の理由であれば対処のしようがありますが、困るのが

理由なく泣く時

実際には何か理由があるのかもしれないですが、こちらとしては見当がつかないケースがしばしばあるんですよね。

こうなると、もう手の施しようがありません

こちらとしてはお手上げです。

泣きやむのを願いつつ、ひたすら抱っこをし続けるわけです・・・

一緒に泣いてしまいたくなります

まだ子育てを始めてから、たったの2か月しか経っていません。

それなのに既にこの大変さ

これがまだ自分の子供だから我慢できますが、他人の子であればとてもじゃないが耐えられません。

そう思うと、学校の先生や保育士さんはよほど忍耐強いんでしょう。

私には到底務まりそうにありません

我が子を一人前に育て上げた諸先輩方は本当にすごいと思います。

自分の両親だってそうですね。

こういう苦労をして私を一人前に育ててくれたわけです。

そう思うと親に感謝しなければなりません。

親になって親の偉大さに気付くとはよく言ったものです。

私が一人前かどうかは置いておいてください

子供を一人立ちするまで育て上げるというのは本当に大変なことなんだと思います。

体力的なこともそうですし、金銭的な部分についても頭を悩ますことが幾度もあるでしょうし。

そういった懸念を少しでも払拭するために、今ある借金を早く完済しなければならないですね。

スポンサーリンク
ブログランキング

ランキングに登録しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする