告白

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
いちろうです。

大事なことだからこそ言い出せない。

きっと早ければ早い方がいいはずです。

先日、上司から転勤の命令が下ったことをお話ししたと思います。

転勤記事

みなさんこんにちは。 いちろうです。 タイトルをご覧の通り 転勤命令が下されました

スポンサーリンク

そのことを未だ嫁に話せていません

彼女はこの町で生まれ育ちました。

就職を機に別の県へ出て行ったようですが、前夫との離婚に伴い故郷へ戻ってきたのだとか。

片や私はというと、この町に引っ越してきて2年と少し。

知り合いと言えば職場の人間と嫁の親族くらいのもの。

職場の人間とはプライベートでの付き合いなど皆無なので、実質嫁の親族しかいないと言えます。

なので、個人的にはこの町を離れることに抵抗などありません

彼女は人生の半分以上をこの町で過ごしてきたわけです

そんな故郷を離れなければならないと知ると彼女はどう思うだろうか。

私自身、ここへ来る前は生まれ育った町にずっと居ましたし、しょうがないとはいえ、転勤になった時にはとても抵抗がありました。

故郷から離れる予定もなかったし、離れる気なんてサラサラありませんでした。

きっと彼女も離れたくないんだろうな・・・

そんなことを考えだすと、中々転勤の事を言い出せなくなってしまいました。

でも、それで転勤する事実が変わるわけでもなく、いつかは告げなければならないわけです。

むしろ、ギリギリのタイミングではなく、ある程度余裕をもって早めに言うべきです。

頭では分かっていても、面と向かうとなかなか切り出せないんですよね・・・

はあ・・・気が重い・・・

スポンサーリンク
ブログランキング

ランキングに登録しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする