私は嫌われ者

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
いちろうです。

我が家のマスコット的存在である息子。

とてもかわいいのです

自分の息子であることを差し引きフラットな評価をしたとしても明らかにかわいいのです。

これが俗にいう親バカというやつかもしれませんが

とにかく、少なくとも私にとってはとてもとてもかわいい息子。

スポンサーリンク

生後三か月ということもあり、まだまだ目が離せず肉体的にも精神的にも大変な時期ですが、そんな辛さをも上回る愛くるしさがあるので愛情を持って接してきたつもりです。

用をたせばおむつを替え、お腹が空いたと泣けばミルクをやり、毎日のお風呂も私が入れています。

その甲斐もあってか、寝かしつけるときに抱っこをすれば嫁より私の方が早く眠ってくれるほどで、所謂イクメンパパとして奮闘しているわけです。

そんな愛情を注がれて育っている息子。

大きくなるにつれて少しずつですが自我を持つようになってきており、言葉は喋られないながらも自己主張をするようになりました。

そんな矢先、これまでとは明らかな違いがみられるようになってきたのです。

それは・・・

父母の区別

嫁と私に対して明らかな対応の違いを見せるようになってしまいました

具体的に言うと、私が抱っこをすると泣きじゃくるようになったのです

その泣きようと言ったら、まるでこの世の終わりのような泣き方。

力の限り泣きまくる始末です。

そんな状態の息子を嫁に預けた途端、これまでの号泣が嘘のようにピタッと泣き止むわけです。

それが一度や二度であれば、たまたま機嫌が悪かったのかなとも思えますよね。

一週間ずっとこの状態

私もそこまで馬鹿ではありません。

そこまで露骨に態度に出されれば、明らかに息子は私と嫁の違いを察知して区別していることに気づきます。

も、もしかして嫌われたのか・・・

たしかに、家族には内緒で借金しまくった挙句、毎月の返済は行っているものの元本が全く減っていないダメな父です。

だが息子がそんな事を知る由もなく、何故ここまで露骨に態度に表されているのか理解できません。

私が嫌われる理由などないと思う・・・

そうは言いつつも、あからさまに息子に避けられている現状は紛れもない事実。

もはや私には息子をあやす術はなく、嫁にばかり負担がかかってしまう状況になってしまいました。

一時的なものであってほしいものです。

父は悲しい・・・

スポンサーリンク
ブログランキング

ランキングに登録しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. プラナ より:

    いちろうさん、こんばんは!

    ランキングからお邪魔しました。
    私の夫も、息子に溺愛してますよ。 そんな息子も小3。
    嫌がろうと何をされても近寄って行ってます(笑)
    いちろうさんとほぼ同じでしたよ。小さい時
    口癖は「どうやっても母親には勝てん!」なんて言ってます。
    あまり気を落とされませんように。大丈夫ですよ^^

    • いちろう より:

      プラナさん

      こんにちは。
      管理人のいちろうです。

      コメントありがとうございます。

      プラナさんのお話しを聞く限り、
      父親なら誰しもが一度は通る道のようですね・・・

      母親に勝てないというのは私も同感です。
      息子と接している時間が違うのもあるのでしょうが、
      やはり母は強しですね。

      この時期が早く過ぎ去ことを願いつつ、
      負けずに息子に絡んでいきます。

  2. ごんたママ より:

    おはようございます!
    ごんたママです。
    ミルクは母乳ですか?
    母乳だと特に母親を頼りにするようです(食料源なので)
    子供は日々変化するので気にされずに、思いっきり愛情を注いであげてください。
    必ず伝わりますから。
    とても素敵なお父様ですね。

    • いちろう より:

      ごんたママさん

      こんにちは。
      いちろうです。

      いつもコメントありがとうございます。

      ズバリ我が子は母乳で育っています。
      きっと匂いとかで息子も分かるんでしょうね。
      そんな気はしていました。

      私も母乳(父乳?)が出れば太刀打ちできるのかもしれません。
      残念ながら、今の所出そうな気配はありませんが。

      母乳に負けないほどの愛情を注いでいこうと思います。