結局は気持ちの問題

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
いちろうです。

先日、FXトレードの長い長い不調から脱したことをお伝えしました。

先日の記事

みなさんこんにちは。 いちろうです。 9月も3分の2が経過しようとしており、夏もすっかりと終わりを告げ、秋真っ盛りといったこの頃。

本当に長かった、もう勝てないんじゃないかと思うほどの絶不調ぶり。

スポンサーリンク

しかし、一度流れが変わると、こうもすんなりと勝てるものなのでしょうか。

先日の勢いそのままに本日も現時点でプラス収支になっています。

小さなチャートの動きに惑わされることなく然るべきエントリーポイントを待つ、そして粘りすぎることなく前もって想定していたラインで決済する。

FXで収支をあげていく上で大事なことが当たり前にできるようになりました。

そもそも、不調に陥る前にもそれは出来ていたことです。

負けが込んでくることで焦りや恐怖ばかりが大きくなってしまい、正常な判断ができなくなってしまっていました

単純にいうとチャートは上がるか下がるかのどちらかしかありません

そして、どのように動くかは相場に参加している投資家の気持ちによって上下していきます。

上がってほしい人、下がってほしい人のどちらが多いのかによってチャートは形成されていくのです。

相場の参加者がどういう心情であるかをチャートから読み取り、それに応じた立ち回りによって収支をあげていくわけですから、自分の気持ちが揺らいでいると当然勝てるわけはないです

チャートを読み解く力や世界情勢の情報を収集することはもちろん大事なことですが、それ以上にメンタルのコントロールが大事であることを今回の連敗により再認識しました。

理想を言えば、機械的にロボットのような立ち回りができればいいのでしょう。

それは無理にしても、もっと俯瞰的に状況を把握できるようにしなければなりません。

スポンサーリンク
ブログランキング

ランキングに登録しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする