気合を入れて作った記事が空振りした時の悲しさは計り知れない

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
いちろうです。

このブログを開設するに当たり目標にしていたこと2つあります。

まず1つ目は、毎日記事を投稿すること

これはできていますね。

いや、できてないか・・・

2,3日ほど投稿しない日もありましたがこれはセーフ、誤差の範囲内です。

私は自分に甘い男、これくらいは目を瞑ります。

スポンサーリンク

そして2つ目の目標、こちらはまだ達成できていません。

何かと言いますと、

記事をバズらせること

当ブログで日常的に投稿しているものは、そのほとんどが所謂日記ブログのそれです。

もちろんそんな記事がバズるということはまず無いでしょうし、期待もしていません。

ですが、記事をバズらせるべく、時に力を入れて作成しているものもあるんです。

いつものような思いつきではなく考え抜いたうえでタイトルを決め、読みやすいように目次と段落を設け、読者の方に役立つ情報を盛り込む。

そんな記事をこれまでいくつか投稿してきました。

そういう記事は、いつもの日記とは違い書き終えるまでに多くの時間を要します。

書いては消してを繰り返し、幾度となく手直しをしたうえでやっとこさ完成に至るわけです。

それだけにはずしてしまった時の悲しさといったら計り知れないものがあります

今のところ全部はずしてますけどね・・・

はずしてしまうだけならまだしも、いつも以上にアクセスが伸びないということもザラなのが辛いところです。

まだまだ記事がバズるには時間がかかりそうですね。

そもそも今後バズることがあるかどうかですが

諦めなければいつか訪れる

はず・・・

スポンサーリンク
ブログランキング

ランキングに登録しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ヨッシー より:

    こんにちは!
    バズると言う言葉を初めて知りました。
    そこを目指していらっしゃるんですね。
    大きくバズる日が来ますように!

    • いちろう より:

      ヨッシーさん

      こんにちは。
      いちろうです。

      コメントありがとうございます。

      永遠に夢のままでありそうな気もしますが、いつの日かバズれば嬉しい限りです。