方向転換に再考の余地あり

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
いちろうです。

一体これで何度目の事になるだろうか。

またまたやってしまいました。

またまたジグザグしてしまった。

ジグザグの概要はこちら

みなさんこんにちは。 いちろうです。 いよいよ6月も最終日を迎えました。

目線は売りだったのにちょっとした反発に惑わされ、気持ちが固まらないままレートの小さな上下動を追う形で、昨日だけで18,000円余りを失ってしまうという結果に終わってしまいました。

スポンサーリンク

しかも今朝チャートを見てみるとガッツリ下がってるし

悔やんでも悔やみきれない。

最初の思惑通りに事が進んでいただけに、なおさら昨日のしょうもないトレードが悔やまれます。

3ロットへの切上げを行って以来、なかなか収支が伸びてきていません。

先日の収支報告でも書きましたが、ポジションの逆に振れることへの恐怖心が大きくなってしまったことにより、トレードが後手後手になってしまっているような気がします。

また、通貨ペアが米ドル/円に限定されていることも収支が伸びない要因なのかもしれません。

ユーロ/円の直近の動きを見ると分かりやすい動きをしてますし・・・

収入ペースをアップさせるため半ば前倒し的にロットの切上げを実施したわけですが、当初から懸念していた、ロットに対する資産の貧弱さ負けトレードにおける損失の増加というリスクが、想定以上にメンタルに影響を与えているような気がします。

ロットを切上げたことによって今まで通りの立ち回りができないのであれば、その恩恵を受けることはできず、デメリットばかりが付きまとってしまいます。

いっそのことロットを戻して、これまでと同様の条件でトレードを行うべきなのかもしれません。

仮にロットを戻す場合、現在の3ロットから2ロットになります。

今回失った18,000円は3ロットで取引していたため、pipsに換算するとおよそ60pips

この額を2ロットで取り戻そうとすれば90pips必要となり、1.5倍の成績を収めないといけません

一見遠回りのように見えますがトレードが乱れている現状では、このままトレードを行っても損失を取り戻すどころか更に深手を負いそうです。

最終的な決断は熟慮して行いたいと思います。

スポンサーリンク
ブログランキング

ランキングに登録しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする