ブログ開設は是非独自ドメインで。独自ドメインで開設する3つの理由

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
いちろうです。

当ブログはサーバレンタルして独自ドメインで運営をしています。

と言っても、自身でブログを持っていない方にはよくわからないと思います。

かくいう私も最初は何を言っているかサッパリでしたし・・・

ですので、簡単ではありますが、ブログを開設する方法を少し説明したいと思います。

ブログの開設

ブログを始める方法は大きく分けて2つあります。

無料のブログスペースを借りる

代表的なところだと「Livedoorブログ」や「Amebaブログ」といったものがあります。

スポンサーリンク

ユーザ登録をするだけでブログを始めることができ、なおかつ費用もかからず無料で使用することができます。

レンタルサーバを契約し独自ドメインを取得する

ややこしい言い回しですが簡単に言うと、ブログを構成するファイル格納スペースを借りたうえで自分だけのアドレスを契約するという方法

こちらの場合、レンタルサーバの契約、独自ドメインの取得それぞれに費用が発生します。

無料の方がいいのでは・・・

この説明だけだと費用もかからず、煩わしい契約も必要ない無料ブログの方がいいようにも感じられます。

それでも私は独自ドメインでのブログ開設をお勧めします。

独自ドメインには、そういったデメリットを上回るほどのメリットがあるのです。

独自ドメインのメリット

ドメイン変更のリスクがない

無料ブログの場合、サービス提供会社のスペースを間借りしてブログを運営していくという形になります。

ドメインもサービス提供会社から提供されているものなので、もしもサービスが終了してしまい他のサービスに乗り換えなければならなくなった場合、これまでの投稿は移管できてもドメインは変更になってしまいます。

ドメインとは住所のようなものです。

インターネットという広い世界の中で、自分のブログがどこにあるかを知らせるもののため、これが変更されると今まで築き上げてきた自分のブログまでのアクセスルートはリセットされてしまい、アクセスアップのためにやってきた努力は水の泡になってしまいます

独自ドメインの場合もレンタルしているサーバがサービスを終了するという事態も起こりえないとは言えませんが、そのようなケースでもドメイン自体が無くなるわけではないので、新たにサーバの契約さえしてしまえば元通りです。

余計な広告が表示されない

無料ブログがどうして無料でサービスを提供できるのか。

それは、ユーザに貸し出すブログスペースに強制的に広告を表示させることによって得られる広告収入によって経営が成り立っているからです

ですからユーザは自分の意志とは関係なく、様々な広告をブログに表示させることになります。

ただ純粋に趣味としてブログを運営していくのであれば問題ないのでしょうが、広告収入やアフィリエイトを考えているのであれば、強制的に表示される広告は本来見てほしい自分で貼った広告の邪魔になってしまいます

独自ドメインであれば当然そのような余計な広告は表示されないので安心です。

GoogleAdsenseの審査通過

GoogleAdsenseの審査は、現在無料ブログでは通過できないと言われています。

唯一無二ともいえるGoogleAdsenseを、広告収入の手段として使用できないのは大きな痛手となります。

まとめ

良いことばかりを書きましたが独自ドメインにもデメリットはあります。

前述の通り、運用にあたって費用はかかりますし、カスタマイズしようと思えばhtmlやCSSの知識が必要になってきます。

また、独自ドメインだと開設当初は外部とのつながりが皆無のため、しばらくは全然アクセスされないという事態も起こりえます

ただ、長期的に運用していこうと考えているならば、やはり独自ドメインで始めるのがよいと思います。

私の場合、Xserverというレンタルサーバと契約をしてブログを開設しました。

初期費用と契約金で7,000円ほどかかったのですが、8月中であれば初期費用が半額になるそうです

もし興味が湧いてきたらご利用してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク
ブログランキング

ランキングに登録しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする