アクティブビュー視認可能率改善でインプレッション広告の収益を増やす

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
いちろうです。

GoogleAdSenseを導入しておよそ3ヶ月。

あれこれと広告配置を変更しながらよりよい配置を探っています。

GoogleAdSenseはクリック報酬型のサービスで、その名の通り広告をクリックしてもらうことで報酬を得ることができます

ですがこのGoogleAdSense、クリックされなくても報酬が得ることができます

利用している方ならご存知だと思いますが、これをインプレッション広告による収益と言います。

スポンサーリンク

インプレッション広告による収益とは

管理画面を見たとき、クリックされていないにも関わらず見積もり収益があがっていることがありませんか?

その収益がインプレッション広告によるものです。

GoogleAdSenseの広告には、クリック型インプレッション型の2種類が存在します。

クリック型は前述の通りクリックされることで報酬が得られます。

一般的なGoogleAdSenseのイメージはこちらだと思います。

片やインプレッション広告は、広告主が定めたインプレッション単価(表示回数 1,000 回あたりの単価)を、広告が表示された回数に応じて報酬が支払われます

クリックされなくても表示されるだけで報酬が得られる

ブログ運営者からすればインプレッション型の方が報酬を得るための敷居が低いので、当然ながら報酬の単価はクリック型に及びません

当ブログだと、1回あたり支払われるのはほとんど1円、2円といったところ。

とはいえ、広告をクリックしてもらうのはそう簡単ではないですし、毎日少しずつでも収益が得られることでモチベーションの維持にもつながると思います。

収益増のポイントはアクティブビュー視認可能率

インプレッション広告による収益を増やそうと思うと、当然ながら広告の表示回数を増やす必要があります。

つまるところブログへのアクセス数を増やさなければないのですが、アクセス数を増やすことは一朝一夕でできることではありませんね。

ですが、それ以外の方法でもインプレッション広告の収益を増やすことは可能です、それは

アクティブビュー視認可能率を向上させる

アクティブビュー視認可能率とは、広告の50%以上が1秒以上表示されるかどうかの率の事です

要は、訪問者が表示されている広告を見てくれているかどうかの判断材料となるようなものと思っていただければよいと思います。

この数値を改善することでインプレッション広告の収益増を図ることができるのです。



広告配置の調整でアクティブビュー視認可能率を向上

アクティブビュー視認可能率が低いということは、せっかく設置している広告が訪問者の目に触れていないということです

そうなればインプレッション広告の収益はもちろんのこと、クリックだってしてもらえるわけがありません。

なので、広告配置を調整することでアクティブビュー視認可能率を向上させることが必要になります

参考までに当ブログのアクティブビュー視認可能率は

1.記事の最上部

2.記事中へ広告設置

3.記事の最後尾

の順に高くなっています。

サイドバーに広告を設置した場合も目につきやすそうな印象ですが、スマートフォンで閲覧した場合に本文下に表示されてしまうため、思ったほどよい数値にはなっていません。

テストなどを行い、どこへ表示させるのがより目立つかを確認してみましょう。

また、極端に視認可能率の低い広告については思い切って外してみるのも良いかもしれません

アクティブビュー視認可能率向上による効果

当ブログも広告配置の調整を行い、アクティブビュー視認可能率は50.8%から62.1%まで向上し、それに伴いインプレッション広告の平均収益が2.2円から8.7円まで上がりました。

その間アクセス数が伸びた分増加していることもありますが、少なくとも4倍も増えているわけではないので、アクティブビュー視認可能率の向上による平均収益の増加と考えていいと思います

まとめ

インプレッション広告の収益は小さな額の積み重ねになるのでクリック収益に埋もれがちなですが、アクティブビュー視認可能率を意識するだけで大きく増収することができます

ご自身の広告が現在どれくらいのアクティブビュー視認可能率なのか、また、改善の余地はないかを一度検討してみてはいかがでしょうか。