【FX】トレード結果報告 窓明け後のトレードは難しい 

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
いちろうです。

先週末に行われた総選挙ですが、皆さんもご存じの通り自民党の圧勝という形で幕を閉じました。

週明け月曜日である昨日は、その選挙結果を受け、大きく上へ窓を開けてのスタート。

以前も書いたような気がしますが、窓開け後のトレードは非常に難しいと感じています。

窓開け後のチャートは、その窓を埋めに動くケースが多いとも言われます。

が、それをそのまま鵜呑みにしていると、窓開けの勢いに乗ってそのまま伸びていったりもします。

そんな状況の中私は、これまでの流れを汲んでロングエントリーできるポイントを探っていました。

スポンサーリンク

二度ほどロングエントリーを仕掛けましたが、2度とも損切してしまうことになり、合わせて18pips、3,600円の損失を被る結果となりました。

この日は計4回トレードを行っており、その内2回は前述の負けトレード分。

では、残りの2回はどうだったか。

欲張って建値決済

建値決済とはエントリーしたレートで決済することです。

簡単な話±0ということ。

直前のトレードで負けてしまうと、どうしても勝ちを欲張ってしまいます。

決済するタイミングはあったのですが、まだ利を伸ばせると粘ってしまいました。

予定通りトレードしていればトントンくらいにはなっていたと思います。

まだ判断が甘いところがあり、機械的なトレードとは程遠い状況ではあります。

大事なのは負けを断ち切ること。

連敗しないように。

スポンサーリンク
ブログランキング

ランキングに登録しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする